緩和ケアチームの能力を引き出す終末医療

日本の終末医療

日本の終末医療を考える

「日本の終末医療」のこと

日本の終末医療は諸外国に比べて遅れを取っているのが事実です。ホスピス施設や緩和ケア病棟などが需要に対して不足している上に、在宅ケアの支援体制の整備も遅れています。それでも、高齢化社会の進む日本では需要は増えることはあっても減ることはありません。今後、ますます必要性の増してくる終末医療について考えるサイトを立ち上げてみました。 このサイトへのお問い合わせはshumatsu-iryo@outlook.jpまでお願いいたします。

終末医療に携わることで得られる能力

終末医療は治癒の見込みのない患者さんのケアをすることから、ケアをする立場の看護師や薬剤師も精神的なタフさを求められます。しかし、その緩和ケアの中で得るものがあるのも事実です。看護師であれば、フィジカルアセスメント能力であり、薬剤師であればコミュニケーション能力がスキルアップされるのです。そして、そのスキルアップされた能力を身につけて、新たな舞台を目指していくことも可能となります。看護師として、あるいは薬剤師として新たなステージを求人サイトで探すための情報を提供いたします。

  • 看護師が得られるフィジカルアセスメント能力

    緩和ケアチームで仕事をする看護師はその仕事の性質上、看護する患者さんの最期に立ち会うことがあるため、精神的にタフさを求められる大変な役割です。しかし、緩和ケアの仕事を通じて、得られるものもいくつもあります。たとえば、患者さんと長い時間をともにしますので、コミュニケーション能力がアップしますし、一般の病棟業務では知ることのない薬剤に関する知識も身につきます。さらに打診、聴診、触診などで患者さんの微妙な健康状態の変化を診ることからフィジカルアセスメント能力が高まります。

  • 地方在住者も支援する「看護のお仕事」

    看護師にとって緩和ケアの仕事は大変な仕事ですが、その経験をすることは看護師の仕事のスキルアップに繋がります。そして高齢化社会の進む日本では病院にかかる人が増える一方で、医療従事者の不足が顕著となっています。そんな中で、緩和ケアの経験や資格を持った看護師の需要は高まっています。緩和ケアのスキルを首都圏で試してみたいと考えている地方在住の看護師は全国規模の求人情報を多数保有する求人サイト「看護のお仕事」で情報を探してみてはいかがでしょうか?

  • 薬剤師が身に付けられる心のケア

    終末医療における緩和ケアの仕事の中で薬剤師の役割は特殊なものです。通常の病院や調剤薬局では処方することのない薬品を取り扱って、終末期の患者さんと向き合うのは精神的なタフさを要求されます。そんな過酷な経験を強いられる緩和ケアの薬剤師ですが、この仕事を通じて身につけられるスキルもあります。通常の薬剤師の業務であれば、患者さんと直接接することはないですが、緩和ケアにおいては患者さんと面談をして調剤をしていきますので、コミュニケーション能力が高まるのです。

  • 希望通りの求人を提案する「ヤクステ」

    薬剤師の仕事は一般的に病院や薬局での調剤ですが、緩和ケアチームの一員となった場合、患者さんとコミュニケーションを取りながら鎮痛剤や麻薬などの処方をしていくという特殊な仕事をすることになります。このように終末医療に係わることは、薬剤師としてコミュニケーション能力をアップさせ、スキルアップに繋がります。こういったスキルを別な場面で試してみたいと考えたときに、転職というのもひとつの選択肢になります。ここでは、薬剤師専門の求人サイト「ヤクステ」についてご紹介していきます。

転職を考えている看護師へ

  • 終末医療に携わることで得られる能力

    地方在住者も支援する「看護のお仕事」

    地方在住の看護師が自分のスキルを首都圏などの都市部で発揮したいと考えたときに、その職場を探す方法として、インターネットの求人サイトが最適です。全国規模で求人情報を集約している「看護のお仕事」は公開されている情報の他に非公開情報も豊富で、希望する職場に容易にアクセスすることが可能です。

  • 心身の辛さを和らげる医療従事者

    患者と家族を援助する看護師

    緩和ケアチームの看護師はチームの要であると同時に直接患者さんやその家族をケアするキーパーソンでもあります。患者さんと接する時間が最も長く、その肉体的苦痛や精神的不安をいち早くキャッチしてケアするとともに、家族の不安や心労をケアする役割も担っています。

  • 終末医療についての入門知識

    家族と迎える在宅医療

    現在の日本では、ほとんどの人が一般の病院で最期を迎えます。ある調査によると6割超の人は自宅で最期を迎えたいと考えていますが、実態は年に8%程度の人しか自宅で最期を迎えることができていません。これは、在宅での終末医療を支援する体制ができていないためです。今後、終末期の患者さんの死の質を高めていくためにも、在宅医療の整備が必要です。