終末医療で薬剤師が身につけられること

日本の終末医療

日本の終末医療を考える

「日本の終末医療」のこと

日本の終末医療は諸外国に比べて遅れを取っているのが事実です。ホスピス施設や緩和ケア病棟などが需要に対して不足している上に、在宅ケアの支援体制の整備も遅れています。それでも、高齢化社会の進む日本では需要は増えることはあっても減ることはありません。今後、ますます必要性の増してくる終末医療について考えるサイトを立ち上げてみました。 このサイトへのお問い合わせはshumatsu-iryo@outlook.jpまでお願いいたします。

薬剤師が身に付けられる心のケア

終末医療における緩和ケアの薬剤師といったら、回復の見込みのない患者さんと時間を共にするということで精神的にも肉体的にも辛い仕事というイメージが有るかもしれません。しかし、見方を変えると、人の命に最も身近に寄り添える場所で仕事をすることで、人として成長できる場所でもあります。薬剤師が終末医療で身につけられるスキルについてご紹介します。

終末医療での薬剤師の役割

終末医療において、緩和ケアとは、治療を目的としたものではなく、症状の緩和や肉体的・精神的苦痛の緩和を目的とするものになっています。緩和ケアではチームで患者さんに対応しますが、そのチームには医師、看護師と並んで薬剤師もメンバーとして参加します。それは、緩和ケア病棟であっても、自宅のおける緩和ケアであっても同様です。鎮痛剤や麻薬などの処方によって、患者さんの肉体的な苦痛を緩和していきます。また、その薬品について患者さんや家族に説明をして理解を求めるのも薬剤師の仕事です。また、薬を処方するだけでなく、精神的な苦痛の緩和にも薬剤師の立場から取り組んでいく必要があります。
そのため、患者さんへの心に気を配り、毎日、もしくは会った時にコミュニケーションに真剣に取り組み、経験から学ぶということがポイントになるでしょう。

緩和ケアチームとして得られるスキル

緩和ケアチームで薬剤師として働くことは終末医療に関わるということで確かに末期がんやエイズといった病の知識は増えますし、心のケアという面でのスキルが磨けます。また、場合によっては在宅医療を経験できますので、その形態での経験を積むことも可能です。これらは、もし転職を考えた時には強みとなります。
私たちは普段自分の最期、あるいはもし不治の病にかかったらといったことを考えることはありませんし、現在そういう境遇にあっている人にどのように対応していいかということは口では伝えることは難しいです。でも、その現実を緩和ケアによって経験することができるので、貴重な体験ができるはずです。緩和ケアの薬剤師を経験してみたいと考えた人は転職をしてみると良いかもしれません。

緩和ケアの薬剤師の給料

緩和ケア病棟で働く薬剤師年収は500万円前後が平均的な水準と言われています。仕事内容としては、薬局や老人ホームの場合と表面上はあまり変わりはありません。患者さんの容態に合わせて、医師の指導のもとに調剤を行なっていきます。しかし薬局や老人ホームよりも、急な対応を求められる機会が多いかもしれません。残業が発生することもあり、その場合は残業代がつく分給料は上がるでしょう。病院内に緩和ケア病棟があるのか、独立した施設に勤務するのかによっても違いがありますが、勤続年数によって大きく給料が変動するということは少なく、大体はゆるやかに上昇していき、最終的には600万円前後の年収となります。

転職を考えている看護師へ

  • 終末医療に携わることで得られる能力

    地方在住者も支援する「看護のお仕事」

    地方在住の看護師が自分のスキルを首都圏などの都市部で発揮したいと考えたときに、その職場を探す方法として、インターネットの求人サイトが最適です。全国規模で求人情報を集約している「看護のお仕事」は公開されている情報の他に非公開情報も豊富で、希望する職場に容易にアクセスすることが可能です。

  • 心身の辛さを和らげる医療従事者

    患者と家族を援助する看護師

    緩和ケアチームの看護師はチームの要であると同時に直接患者さんやその家族をケアするキーパーソンでもあります。患者さんと接する時間が最も長く、その肉体的苦痛や精神的不安をいち早くキャッチしてケアするとともに、家族の不安や心労をケアする役割も担っています。

  • 終末医療についての入門知識

    家族と迎える在宅医療

    現在の日本では、ほとんどの人が一般の病院で最期を迎えます。ある調査によると6割超の人は自宅で最期を迎えたいと考えていますが、実態は年に8%程度の人しか自宅で最期を迎えることができていません。これは、在宅での終末医療を支援する体制ができていないためです。今後、終末期の患者さんの死の質を高めていくためにも、在宅医療の整備が必要です。