終末医療で得た能力で「ヤクステ」で転職

日本の終末医療

日本の終末医療を考える

「日本の終末医療」のこと

日本の終末医療は諸外国に比べて遅れを取っているのが事実です。ホスピス施設や緩和ケア病棟などが需要に対して不足している上に、在宅ケアの支援体制の整備も遅れています。それでも、高齢化社会の進む日本では需要は増えることはあっても減ることはありません。今後、ますます必要性の増してくる終末医療について考えるサイトを立ち上げてみました。 このサイトへのお問い合わせはshumatsu-iryo@outlook.jpまでお願いいたします。

希望通りの求人を提案する「ヤクステ」

希望通りの求人を提案する「ヤクステ」

薬剤師が緩和ケアを通じて得るものは多く、その結果スキルアップを図ることができます。そして、他の病院や緩和ケア専門の施設でそのスキルを試してみたいと考えるかもしれません。その場合は新たな職場に転職をして、自分の実力を試してみるのもいいかもしれません。薬剤師の就職・転職には「ヤクステ」という求人サイトがありますので、ご紹介します。

マーケティングスタッフがサポート

「ヤクステ」は薬剤師業界出身のマーケティング担当、業界専門コンサルタントでチーム編成をして求職者をサポートしています。そのチームが求職者の経験や希望条件のほか、将来的なキャリアプランまでを見据えて、求職者にぴったりの企業を個別に探して紹介してくれます。ただ希望条件を既存の求人にあてはめるだけでなく、本当の意味で就職・転職を成功に導くため、担当チームが全力で就職・転職活動のサポートを行ってくれます。「ヤクステ」を通して転職に成功された方のうち、早期に退職した方は全体で1%未満と低離職率であることからも、このサイトの満足度の高さが理解できるはずです。

独自のネットワークによる優良求人案件

「ヤクステ」を運営している株式会社グローアップは、ヘッドハンティンググループとして創業した会社です。そのため、他社とは違うネットワークを多く持ち、それらを生かして「ヤクステ」にしかない案件を数多く保有しています。 これらは「ヤクステ」にだけ委託された求人なので、登録した方だけに公開をしている独自の情報です。もちろん、公開している求人案件への応募も可能です。ヤクステ独自の圧倒的な紹介求人数を確認してみてください。

転職後も安心の徹底したフォロー

「ヤクステ」には転職後、万が一、条件が違ったという場合や人間関係等の悩みが生じてしまった場合等深刻な問題も気軽に連絡できるようにコンサルタントがコミュニケーションを密に取ってくれる体制があります。求職者が入職してそれで終わりということはありませんから、安心して「ヤクステ」で転職することができます。

「ヤクステ」専任コンサルタントのこころえ

「ヤクステ」の専任コンサルタントのこころえの3つをご紹介します。
1.薬剤師、企業の両方がご満足行けるサービスを目指しています
2.働きながらでも転職活動ができる環境を提供いたします
3.希望に合う勤務先情報を徹底的にお調べ致します
上記のこころえを実践しているので、「ヤクステ」は薬剤師の求人サイトとして人気があるのです。是非一度サイトをチェックしてみてはいかがでしょうか?

  • ヤクステサイト

転職を考えている看護師へ

  • 終末医療に携わることで得られる能力

    地方在住者も支援する「看護のお仕事」

    地方在住の看護師が自分のスキルを首都圏などの都市部で発揮したいと考えたときに、その職場を探す方法として、インターネットの求人サイトが最適です。全国規模で求人情報を集約している「看護のお仕事」は公開されている情報の他に非公開情報も豊富で、希望する職場に容易にアクセスすることが可能です。

  • 心身の辛さを和らげる医療従事者

    患者と家族を援助する看護師

    緩和ケアチームの看護師はチームの要であると同時に直接患者さんやその家族をケアするキーパーソンでもあります。患者さんと接する時間が最も長く、その肉体的苦痛や精神的不安をいち早くキャッチしてケアするとともに、家族の不安や心労をケアする役割も担っています。

  • 終末医療についての入門知識

    家族と迎える在宅医療

    現在の日本では、ほとんどの人が一般の病院で最期を迎えます。ある調査によると6割超の人は自宅で最期を迎えたいと考えていますが、実態は年に8%程度の人しか自宅で最期を迎えることができていません。これは、在宅での終末医療を支援する体制ができていないためです。今後、終末期の患者さんの死の質を高めていくためにも、在宅医療の整備が必要です。