終末医療に係る転職も「看護のお仕事」サイトで

日本の終末医療

日本の終末医療を考える

「日本の終末医療」のこと

日本の終末医療は諸外国に比べて遅れを取っているのが事実です。ホスピス施設や緩和ケア病棟などが需要に対して不足している上に、在宅ケアの支援体制の整備も遅れています。それでも、高齢化社会の進む日本では需要は増えることはあっても減ることはありません。今後、ますます必要性の増してくる終末医療について考えるサイトを立ち上げてみました。 このサイトへのお問い合わせはshumatsu-iryo@outlook.jpまでお願いいたします。

地方在住者も支援する「看護のお仕事」

地方在住者も支援する「看護のお仕事」

終末医療では、緩和ケアチームで終末期の患者さんに対応をしていきます。しかし、高齢化社会の進行は緩和ケアを必要とする患者さんの増加も促しており、それに対応する医療従事者が追いついていないという問題が顕著になってきています。つまり医師や看護師が不足しているのです。ということは緩和ケアの経験のある看護師やこれから緩和ケアの仕事をしてみたいと考える看護師にとって、追い風でもあります。

緩和ケアの仕事に転職するには?

緩和ケアの仕事は通常の看護師業務よりも、さらに精神的なタフさを求められます。しかし、緩和ケア看護師の経験をすることは、看護師としての能力がアップすることで、将来キャリアアップを考えている看護師にとっては経験しておきたい業務です。
特に地方在住の看護師で身近なところに緩和ケアの仕事がない場合は、インターネットの転職サイトを利用して、東京などの首都圏で探してみると良いでしょう。

全国の看護師転職情報なら「看護のお仕事」

「看護のお仕事」ならば、全国の病院の就職転職情報を網羅しており、その情報量は12万件以上。インターネットの看護師求人サイトでは全国一です。非公開の求人情報も多数保有していて、サイトに登録するとそれらの情報にもアクセスできます。全国に支社を置いているので、どの地方の情報も地元密着情報です。そういった情報量の多さを背景に、緩和ケアの仕事ができる病院や地方から東京の病院への転職を容易に実現します。
転職の際はいろいろ悩みがありますが、「看護のお仕事」では専任のコンサルタントが親身になって一緒に解決してくれます。その結果、転職満足度は90%超、多くの看護師転職に成功させています。さらに「看護のお仕事」を通じて転職した看護師には最大12万円の支援金もあり、大変お得です。サイトへの登録は、ネットからでもフリーダイヤルからでも簡単にできます。フリーダイヤルはネットと同様、24時間受付なのでいつでも気軽に無料登録ができます。

東京で働きたい地方の看護師さんも支援

「看護のお仕事」は、全国的に求人を展開しているので、地方から東京の病院へ転職することだって可能です。東京で待遇のよい求人を見つけたい、あるいは地方の病院にはなくて、東京の病院にならある専門的な仕事をしたい等の要望を実現することが可能なのです。東京で仕事もプライベートも充実させたい看護師さんをならば、「看護のお仕事」で転職することをお勧めします。転職に成功した人たちの口コミも多数掲載されていますので、是非ホームページをチェックしてみてください。

  • 看護のお仕事サイト

転職を考えている看護師へ

  • 終末医療に携わることで得られる能力

    地方在住者も支援する「看護のお仕事」

    地方在住の看護師が自分のスキルを首都圏などの都市部で発揮したいと考えたときに、その職場を探す方法として、インターネットの求人サイトが最適です。全国規模で求人情報を集約している「看護のお仕事」は公開されている情報の他に非公開情報も豊富で、希望する職場に容易にアクセスすることが可能です。

  • 心身の辛さを和らげる医療従事者

    患者と家族を援助する看護師

    緩和ケアチームの看護師はチームの要であると同時に直接患者さんやその家族をケアするキーパーソンでもあります。患者さんと接する時間が最も長く、その肉体的苦痛や精神的不安をいち早くキャッチしてケアするとともに、家族の不安や心労をケアする役割も担っています。

  • 終末医療についての入門知識

    家族と迎える在宅医療

    現在の日本では、ほとんどの人が一般の病院で最期を迎えます。ある調査によると6割超の人は自宅で最期を迎えたいと考えていますが、実態は年に8%程度の人しか自宅で最期を迎えることができていません。これは、在宅での終末医療を支援する体制ができていないためです。今後、終末期の患者さんの死の質を高めていくためにも、在宅医療の整備が必要です。